➜Twitterアカウントはこちら

【Chromebook】暗い部屋での作業なら夜間モードを使おう!

詳細設定
この記事は約3分で読めます。

Chromebookで夜中作業していると目が疲れる…

そんな悩みもこの記事を読めば解決できます。

夜中に暗い部屋でPC作業していると目が疲れますよね。入眠の邪魔になったり、継続していると視力低下にもつながります。
そこで試してもらいたいのが「夜間モード」という機能です。

なので今回は、夜間モードについて詳しく解説して行きたいと思います。

夜間モードとは?

Chromebookにおける夜間モードとは、夜間の薄暗い明かりの下でも画面が見やすいように、画面の青色を抑えて表示してくれる機能です。

この機能を利用すると、画面の青色が抑えられ、赤味もしくは黄味がかった色が表示されるようになります。

簡単にいえば、夜間の薄暗い環境の中でも、Chromebook画面を見やすくしてくれる機能ということです。

夜間モードの使い方

Chromebookの夜間モードについては、「設定した時間内で自動的に夜間モードを利用する方法」と「自分の好きなときに夜間モードを利用する方法」の二つの方法で利用することができます。

設定した時間内で自動的に夜間モードを利用する方法

Chromebookでは、あらかじめ時間を設定しておき、その時間内で自動的に夜間モードを利用することができます。

あらかじめ時間を設定するには、

ランチャーを開き、[設定]アイコンをクリック

[設定]画面の右側にある一覧バーの[デバイス]をクリック

中央に[デバイス]に関する設定項目が表示されるので、その中から[ディスプレイ]をクリック

[夜間モード]の下にある[スケジュール]の右にある[使用しない]をクリック

[使用しない][日の入りから日の出まで][カスタム]の中から[カスタム]を選択

[日の入りから日の出まで]を選択すると現在地の日の入りの時刻と日の出の時刻を使用して夜間モードを管理します。

青線が夜間モードの利用時間になるので、両端を動かして自由に設定しましょう。

解除する場合は、[使用しない]を選択

自分の好きなときに夜間モードを利用する方法

夜間モードについては、自分の好きなときにも利用することができます。

好きなときに利用するには、

シェルフの[メニュー]部分をクリック

[メニュー]が開いたら[夜間モード]のアイコンをクリック

これで下の画像のように、赤味もしくは黄味がかった色が表示されるようになります。

<Before>

<After>

解除する場合は、もう一度[夜間モード]のアイコンをクリック

まとめ

今回は、Chromebookにおける夜間モードとはどういうものなのか?について詳しく解説してみました。

夜間にAndroidスマホの画面を見ていると、どうしても目が疲れやすいという人は、ぜひ夜間モードを利用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました