➜Twitterアカウントはこちら

Chromebookのパスワード管理なら『Bitwarden』

拡張機能
この記事は約5分で読めます。

Chromebookっていろんなソフトが使えないからパスワード管理に何を使えばいいか分からない…

そんな疑問もこの記事を読めば解決できます。

結論から言うと、パスワード管理にはBitwardenというChrome拡張機能を使うのがオススメです。

Webサービスを利用する時、いちいちパスワードを打ち込むのは面倒ですよね、しかしこの拡張機能を使えばログイン時にパスワードを自動入力してくれるので、もうパスワードを覚える必要はありません!

なので今回は、Bitwardenについて紹介していきたいと思います。

Bitwardenとは?

Bitwardenは、オープンソースのパスワード管理ツールで個人利用なら無料で使えます。
たくさんのOS・ブラウザに対応していて、ChromeOSには対応していないのですがChromeには対応しているので十分Chromebookでも使えます。
日本語対応していて、初心者でも使いやすいのが特長。

ここでは専門的なことは説明しないので詳しい内容を知りたい人はググってみてください!

Bitwardenとは
検索

Chrome拡張機能版はChrome ウェブストアから無料で入手できるので、URLを貼っておきます。

Chrome ウェブストア- Bitwarden

初期設定

インストールが完了したら、Chromeの右上に赤枠のアイコンが表示されるのでクリック

するとスタート画面が表示されるので「アカウントの作成」をクリック

メールアドレスとマスターパスワードを登録します。マスターパスワードは重要なので複雑に設定し、忘れないようにメモしておきましょう。またマスターパスワードのヒントは特に必要なく省略可能なので入力しないで大丈夫です。

登録が完了したら、ログイン画面になるので、メールアドレスとマスターパスワードを再入力してください。

これがホーム画面です。この画面まできたら初期設定は完了です。

使い方

ここでは基本的な操作を説明します。

固定表示解除

最初はアイコン直下に固定表示されているので、赤枠の部分をクリックすることで自由に動かせます。

フォルダー作成

まずはフォルダーを作成してできるだけパスワードを管理しやすくしましょう。

ホーム画面の設定をクリック

管理のフォルダーをクリック

画面右上にある「+」アイコンをクリック

フォルダー名を入力して保存をクリックしたら完了です。試しに「SNS」という名前でフォルダーを作りました。

完了したら、管理のフォルダーを開いてフォルダーがあるか確認しましょう。

パスワード登録

まず登録したいWebサイトを開きます。今回は試しにツイッターを開きます。

開いたら、画面右上にあるBitwardenのアイコンをクリック

そしたらこの画面になるので、「ログイン情報を追加をクリック

「アイテムの追加」という画面になります。ここでいうアイテムとはパスワード情報のことです。

それぞれの項目を入力していきます。

タイプ

タイプには、ログイン、カード、ID、セキュアメモの4種類あってそれぞれ次のような情報を記憶できます。

  • ログイン:Webサイトなどのログイン情報
  • カード:クレカなどのカード情報
  • ID:氏名や住所、メールアドレスなどの個人情報
  • セキュアメモ:大事な情報(メモ形式で自由に入力できる)

今回はツイッターのログイン情報なのでログインを選択します。

名前

名前は、アイテム名になるので、他と区別しやすいワードを使うのがいいと思います。

ユーザ名

ユーザ名というわかりにくい表現になっていますが、ログイン時に入力する上の行の部分、下の画像でいうと赤枠の部分を入力します。

パスワード

ここには、ログイン時に入力する下の行の部分、上の画像でいうと緑枠の部分を入力します。

認証キー

ここは無料版では使えないので紹介しません。

「アイテムの追加」の画面を下にスクロールするとこのような画面になります。ここの項目も入力していきます。

URL

どのWebページか認識するために重要になっていきます。多分入力されていると思いますが、未入力だった場合はWebサイトのURLをコピペしましょう。

フォルダー

事前に作成したフォルダーを選択できます。同じ分野ごとにまとめておきましょう。

お気に入り

お気に入りの右端にあるボックスにチェックをつけると、お気に入り登録されます。重要なパスワードならチェックしておきましょう。

メモ

メモ欄です。自由に使いましょう。

入力が完了したら保存をクリック

これでパスワード登録は完了です。ホーム画面の保管庫を開いて、表示されているか確認しましょう。

ログイン方法

  1. Bitwardenのホーム画面を開く
  2. 保管庫をクリック
  3. ログインしたいサイトのログイン情報が入っているフォルダーをクリック
  4. ログインしたいサイトのログイン情報を探す
  5. 見つけたら下の画像の赤枠のアイコンをクリック

まとめ

ということで今回は、Bitwardenについて紹介させていただきました。

使い方については基本操作しか説明していませんが、日本語でわかりやすいUIなのですぐに慣れるかと思います。

これを使えば大事な情報を一括管理できるので、みなさんもぜひ使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました